人形劇団クラルテ 公式Web
⬇️SNSはこちら
twitter@LA_CLARTE
Facebook

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.04.16 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    新作『みんなでおつかい』をチルミューにて上演〜★

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

      皆さま、こんにちは!

      制作部の岩熊です。

      美しく咲いた桜もそろそろ散りはじめる頃・・・

      皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
      3/19(日)に篠山チルドレンズミュージアムにて、おひさま劇場の新作『みんなでおつかい』(オリジナルストーリー)を上演いたしました!

      <あらすじ>
      ある日、かえるくんが一人でおつかいに出掛けました。
      そしたら転んでしまってお届けもののプレゼントが転がっていっちゃった!

      あわてて追いかけます。
      その頃同じく、ウサギちゃんも一人でおつかい中…

      でも、転んじゃってお届け物のプレゼントが転がっていっちゃった。

      追いかけていったら…
       

      羊毛フェルトでつくられた色彩豊かなキャラクターたち!

       

      ーーーーー

      本作はクラルテオリジナル作品。

      保育園ではすでに上演しましたが、一般の公演はこの日がはじめて。

      お客さまからはどんな反応をいただけるのか… ドキドキしながらこの日を迎えました。
      当日は風が出ていたものの、太陽があたたかく、絶好の外遊び日和♪

      チルミューにもたくさんのお客さまが遊びに来てくださっていました。
      ということで、クラルテ劇場にもたくさんのお友達が遊びに来てくださいました。

      ご観劇いただいた皆さま、誠にありがとうございました!

       

       



      次回は、4/29(土)『いえでででんしゃ』
      の上演を予定しております。

      なお、『いえでででんしゃ』は特別公演!

      いつもの「おひさま劇場」よりも大きな規模の作品です。

      出演者もなんと6名に!

      いつものクラルテ劇場を飛び出し、シアター棟(チルミュー受付の奥)で上演します。
      学校公演の新作お披露目を、なんとチルミューで!
      なかなか見られない大きな作品を是非ぜひ観に来て下さい♪

       

      ==========================================

       

      <篠山チルドレンズミュージアム 人形劇公演スケジュール>

      4/29(土)『いえでででんしゃ』

      5/3(水・祝)『森のちいくまちゃん』

      5/4(木・祝)『わくわくドッキン!こぶたのりんご』

      5/5(金・祝)『ずんぐりイモムシの夢』

      5/6(土)『へびくんのおさんぽ』

      5/7(日)『だってだってのおばあさん』

      ★GW開館日は、毎日上演します★

       

      ※4/30、5/14、5/21はアマチュア人形劇団による上演を予定しています。

       

      ==========================================

       

      さてさて『いえでででんしゃ』班は、明日から連日、チルミューで稽古です!

      本番をどうぞおたのしみに。


      新作◉「ちょっとだけまいご」ちるみゅー初演!

      0

         

        皆さま、こんにちは!
        先日、おひさま劇場の新作『ちょっとだけまいご(クリス・ホートン作)』を篠山チルドレンズミュージアムで上演いたしました。
        出来立てホヤホヤの新作…お客様の反応にドキドキしながら公演は無事終了。
        子ども達からの、笑い声や『ウサギや!』『また違うんやで』という声にちょっとだけホッとしたり…(笑)

         


        ここで、ちょっとだけ…『ちょっとだけまいご』のお話をご紹介

        お昼寝していたちびフクロウが、巣から落ちてしまい迷子に…
        そこにリスくんがやってきて一緒にちびフクロウのママを探します。
        ちびフクロウはリスくんに一生懸命ママの特徴を教えますが…

        さて、ちびフクロウは無事にママに逢えるのでしょうか…?

         


        3/19(日)にも、同じく篠山チルドレンズミュージアムにて
        新作『みんなでおつかい(クラルテオリジナル作品)』
        を上演いたします。

        篠山チルドレンズミュージアムでは不定期の日曜日にクラルテの人形劇を上演しております。
        その他にもワークショップや走り回れる広場など、遊ぶ場所がいっぱい!
        ぜひぜひ遊びに来てください!


        ==================================

        篠山チルドレンズミュージアム
        〒669-2545
        兵庫県篠山市小田中572

        公式サイトはこちら▶︎http://www.chirumyu.jp


        三次『火の鳥』

        0
          image1.JPG
          広島県三次市での『火の鳥〜黎明編〜』で共演する“みよしKIRIRI児童合唱団“の練習に指揮の一ノ瀬と参加してきました。
          (ナギと猿田彦も一緒に練習見学)

          前日の中国自動車道は雪!
          練習日も雪が降っていましたが、子ども達は朝早くから集まり、原作の手塚治虫さんのマンガや本を読んでいました。
          ウズメの歌のコーラスの時には「ウズメを演る人は美人ですか?」と質問が出る程の明るい合唱団です。

          3/26(日)三次市民ホールKIRIRI、開演2時。
          中国地方最後の公演です。

          image4.JPG

          image3_1.JPG
          練習の様子

          『火の鳥』山口市民会館

          0
            やまぐち火の鳥合唱団は、7月から毎週土曜日練習。小学生から高校2年生までの20名。リハーサルでは緊張感いっぱいでしたが、舞台の進行とともに歌の歌詞が前に前に出てきて子どもたちの心からの思いがどんどん伝わった公演でした。終演、カーテンコール、再度指導者桑原先生の指揮での合唱。度々に拍手が一段と鳴り響きました。
            無事歌い終わった子ども達。

            こどもステーション山口NPO法人化15周年記念でもあった今回の公演の始まりは山本理事長からのご挨拶もありました。


            ロビーで送り出し
            たくさんの皆さんに感謝して山口市民会館を後にしました。

            サーカスのライン 鹿児島県小学校 巡回公演

            0
              只今、小学校公演作品 『サーカスのライオン』にて鹿児島県を巡回公演中です。
              今回は姶良市、さつま町、錦江町、日置市、阿久根市を周ります(o^^o)
              鹿児島のこどもたちからは元気で柔らかい感性をいっぱい感じます!これからどんなこどもたちと出会えるかもとても楽しみですo(^o^)o
              昨日今日と空き日だったので昨日は公演班でさつま町にある紫尾温泉に行ってきました!こじんまりとした温泉町で三軒はしごして温泉に入ったメンバーもいましたよ(*^o^*)
              地元の方にお聞きして、手打ち蕎麦も食べに行きました!
              のどかな風景の中で美味しいお蕎麦を頂いて、店主さんにも大変よくして頂き、公演班みんなで幸せなひと時を過ごすことができました。
              そして今日はいつもお世話になっている鹿児島県こども劇場さんの催し『平安まつり』に参加してきました!今度、前進座さんの歌舞伎を取り組むにあたっての催しでたくさんの歌舞伎にちなんだお店と遊び、パフォーマンスが盛りだくさんありました!
              前進座さんのワークショップにも参加させて頂き、型をみんなで実際に体験&発表!隈取りのメイクも目の前で見ることが出来ました(*^o^*)
              凄く魅力的なワークショップで、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました!
              明日からまた学校公演が始まります!
              みんなで頑張るぞ〜〜(*^o^*)


              近松人形芝居其の十五「冥途の飛脚」

              0

                さて、今週末に迫った「近松人形芝居其の十五|冥途の飛脚」伊丹公演の耳寄り情報です。

                 

                伊丹公演、会場の伊丹市立演劇ホール(アイホール)は、関西演劇ファンの方にとってはおなじみの会場で、現代演劇とコンテンポラリーダンスを主軸に事業を展開されているホールです。

                ◎伊丹ホール公式サイト▷http://www.aihall.com

                 

                今後も、天野天街さんのKUDAN Project「くだんの件」の公演があったり、佐藤信さんの「ピン・ポン」、燐光群、と見逃せない公演が目白押しです。

                 

                クラルテは、アイホール初公演!
                「現代人形劇」を広く演劇ファンの方にもご覧いただけたらと思い、アイホールでの公演を企画しました。
                「冥途の飛脚」公演3会場のうちで最も小さい会場ですので、役者の息遣いから人形の小さな動きまで、じっくりとご覧いただけることと思います。

                 

                ------------------------------------------------------------------------------------------------

                 

                アイホール最寄りのJR伊丹駅から大阪方面へ2駅、JR塚口駅から徒歩約12分の「広済寺」というお寺に、近松門左衛門さんのお墓があります。
                詳しくはこちらをご覧ください▷http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/chikam…/055monzaemon.html

                 

                広済寺本堂の裏には、「近松部屋」と呼ばれる近松門左衛門の仕事部屋があり、ここで執筆活動も行なっていたそうです。

                 

                広済寺近くには「近松記念館」(http://hccweb5.bai.ne.jp/tikamatukinenkan/)があり、近松ゆかりの品々が展示されています。
                近松記念館前には、近松本人の像も。

                 

                そしてなんと、JR塚口駅からさらに大阪方面へ一駅。
                JR尼崎駅北口ロータリーには、「冥途の飛脚」梅川の像がありますよ。

                今年市政100周年を迎え、「近松のまち 尼崎」として近松にちなんだイベントも企画されている尼崎市(次代の劇作家を育てる事業として、近松賞という戯曲賞もあります)です。

                 

                ------------------------------------------------------------------------------------------------

                 

                また、ちょうど伊丹市美術館(http://artmuseum-itami.jp)で展覧されているウィリアム・ホガース”描かれた道徳”の分析も見ごたえがありますよ(なんと、一般料金が300円)。

                アイホールでのご観劇の際には、ぜひゆかりの地を訪れたり、美術館へ行かれるのも楽しいと思います。

                 

                「冥途の飛脚」班はいよいよ明日からアイホール入り、照明や舞台美術をアイホールに合わせプラン替えし、みっちり稽古をして本番に向かいます。

                「冥途の飛脚」班とは別の小学校公演「あらしのよるに」班も、ちょうど今、伊丹市内の小学校で連日公演を行っています。
                実は、クラルテ劇団員の半分ほどが伊丹市にいることになります。

                 

                それでは、アイホールで皆様とお会いできますことを楽しみにしております!

                 

                :::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 

                近松人形芝居其の十五「冥途の飛脚」
                【伊丹公演】伊丹市立演劇ホール(アイホール)
                JR伊丹駅最寄り、阪急伊丹駅より徒歩約7分

                10月22日(土)15:00 ★アフタートーク
                10月23日(日)14:00 ♪岡崎泰正さんによる生演奏での上演

                 

                ※10/29〜30近鉄アート館での公演に満席回が出ています。
                伊丹公演はまだお席に少し余裕がありますので、こちらをご検討いただけましたら幸いです。

                 

                ご予約フォーム▷https://pro.form-mailer.jp/fms/d1bad122105843
                ※当日12時までは、前売券料金でご予約いただけます。

                 

                クラルテ公式サイト▷http://www.clarte-net.co.jp


                山口県わいた保育園

                0
                  1476137414114.jpg
                  山口県下関市豊浦町の黒井漁港の側に小さな保育園があります。開園以来17年間毎年、おひさま劇場でお世話になりました。酒井園長はずっと子どもへ情熱を注いでおられました。来春に閉園となるということで地域の皆さんにも記念にと最後の公演に呼んでくださいました!高平、奥村班が最初の出会いで、ご縁も深く、[しずかなおはなし、ソーニャと森の魔女]を上演しました。保育園がなくなるのは、残念ですがこれからも、力をあわせて、この地域で子どもの文化を続けたいと酒井先生、お母さん達の思いが励みになりました。ありがとうございました。

                  いよいよ『冥途の飛脚』初日が近づいてきました!

                  0
                    IMG_5591.JPG
                    昨日から京都府立文化芸術会館さんに入って、
                    初日に向けてのラストスパートが始まりました*¥(^o^)/*
                    まだ照明は入っていませんが、劇団の稽古場は狭いので小屋に入ると舞台の全体像が見えてきます!小屋に入らないとわからない事もたくさあるので、稽古にも更に熱が入ります❗️

                    今日も通しが終わった後、大切なシーンを抜き稽古し、みんなであぁでもない、こうでもない、こうした方が、あぁした方がいい!と(笑)いっぱい話しあって頑張りました!写真はその時のもの!
                    写っていませんがほんとは周りにわらわらと人が取り囲んでいます〜(o^^o)
                    明日はいよいよ明かり合わせがあって、舞台に美しい照明が沢山入ります!今からワクワク(*^o^*)
                    さぁ、本場は8日です!
                    お昼の3時から京都府立文化芸術会館にて上演致します!
                    ご興味のある方は是非、クラルテまでお問い合わせ下さいませ!近松作品は難しいと思われがちですが、大阪ことばで台詞でのやりとりになっていますのでとってもわかりやすくなっていますよ〜(o^^o)
                    みなさまのお越しをお待ちしておりま〜す☆p(^_^)q☆

                    「ねぇ とうさん」「だってだってのおばあさん」

                    0
                      5/29日曜日、大阪市旭区にある「芸術創造館 小ホール」で " 子どもセンターあさひ” さんの例会でした。搬入、仕込み、音合わせ、会場作りとかつてないスピード。そして当日おみえになってもキチンと(残念ですが(._.))お断りされるほどの盛況ぶり。他のおひさま劇場に比べ、間口が狭く感じるし、ホンモノの枝や白樺の木、木を彫った素朴な熊の親子なので、こんなに広くたくさんの方達にはどう感じてもらえるだろう、とやや心配でした。が、脂がのった??永島、宮本コンビの力ある作品と動きに、子ども達がよく笑い、ラストシーンでのふわふわ(に見える)したホットケーキが出てくると、ため息とも感嘆とも取れる反応に集中して見てくれているなぁ、と改めて感じる事ができました。また、「だってだってのおばあさん」でもネコがローソクを川に落とした瞬間、それまでおばあさんとネコのやり取りに笑っていたのに、一瞬、会場の音が消えてしまうほどみんなが息をのんだ瞬間でもありました。



                      見終わってすぐにアンケートを描いてくれていました。



                      終演後の撤収も人海戦術であっという間に地下へ。慌ただしくはありましたが、上演中の空間は一緒に作る連帯というか、空間を共有できたステージでした。
                      (制作 中山)

                      11ぴきのねこどろんこ山口岡山の旅

                      0
                        トラックは前日山口に入り、13日新幹線組と合流し、こどもステーション山口さんの低学年コース鑑賞例会で上演しました。一番活発なサークル担当だそうで、楽しい取り組みをして本番を迎えてくださいました。受付ではネコのハザード、公園での遊びに使ったダンボールジャブ
                        も。



                        終演後、30人もの子ども達が混乱もなく
                        プレゼントを持って舞台に上がってきました。そして、【12月には「火の鳥-黎明編-」でお会いしましょう】とのご挨拶があり無事終演しました。
                        終演後トラックは福山まで走り、14日岡山で合流し、岡山市子どもセンターの例会でした。こちらは新入会員56名を迎え、一般の方が150、広域被災者の方々を入れて630!何と3Fまでいっぱい??

                        楽屋には







                        このネコたちは会場や舞台にも参加してました(^^)

                        おまけは、ネコたちのクッキープレゼントです。


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << June 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM