スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.10.18 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    三次『火の鳥』

    0

      広島県三次市での『火の鳥〜黎明編〜』で共演する“みよしKIRIRI児童合唱団“の練習に指揮の一ノ瀬と参加してきました。
      (ナギと猿田彦も一緒に練習見学)

      前日の中国自動車道は雪!
      練習日も雪が降っていましたが、子ども達は朝早くから集まり、原作の手塚治虫さんのマンガや本を読んでいました。
      ウズメの歌のコーラスの時には「ウズメを演る人は美人ですか?」と質問が出る程の明るい合唱団です。

      3/26(日)三次市民ホールKIRIRI、開演2時。
      中国地方最後の公演です。

      image4.JPG

      image3_1.JPG
      練習の様子

      『火の鳥』山口市民会館

      0
        やまぐち火の鳥合唱団は、7月から毎週土曜日練習。小学生から高校2年生までの20名。リハーサルでは緊張感いっぱいでしたが、舞台の進行とともに歌の歌詞が前に前に出てきて子どもたちの心からの思いがどんどん伝わった公演でした。終演、カーテンコール、再度指導者桑原先生の指揮での合唱。度々に拍手が一段と鳴り響きました。
        無事歌い終わった子ども達。

        こどもステーション山口NPO法人化15周年記念でもあった今回の公演の始まりは山本理事長からのご挨拶もありました。


        ロビーで送り出し
        たくさんの皆さんに感謝して山口市民会館を後にしました。

        火の鳥〜福岡市民会館〜

        0
          児童演劇鑑賞会「かんげき隊」は今年10年目の節目に相応しい作品という事で24〜5名の実行委員会を立ち上げられ、クラルテの2013〜2015創立65周年事業(今年は68年目ですが)とご一緒に取り組みました。実行委員の皆さんは、職場や友人、知人あらゆる方々に呼びかけてくださり730名を超える勢いでした。合唱団はNHK児童合唱団MIRAIの子どもたち。


          下手花道に特設ステージを組み心が透き通る声で「人間はどうして生まれたの?人間はどうして戦うの」と問いかけます。舞台では弓矢から刀、槍、馬。そして卑弥呼、ニニギ等など勝利する強いものが時の権力者になっていきます。4歳から観てもらっていましたが、ぐずって泣いて出てくる事なく最後まで引き込まれるようにみてくれました。そしてアンケートもたくさん書いてもらいました。とても時間をかけて書いてくれたのが



          ロビーには手塚治虫さんの原画展と人形が出来るまでの写真展。

          撤収終わりで搬入口で共有した実行委員会の方と、気持ちのエアー乾杯シーン。


          おまけ…
          「おーい ペンギンさーん」でお世話になった北九州子ども劇場の面々が何薬もした竹内祐子のあほうどりが歌う「バナナはきいろ〜〜」に因んでの記念写真!



          福岡火の鳥合唱団の練習

          0
            『NHK福岡児童合唱団MIRAIの子どもたちに、人形劇「火の鳥 黎明編」の合唱パートを指導する、人形劇団クラルテの一ノ瀬さん。
            子どもたちのコーラスが、舞台の重要な要素になります。』

            と、福岡での火の鳥の実行委員の水上さんのFBにアップされてました。



            猿田彦とナギも大阪から

            に入れて連れていきました。NHKの児童合唱団MIRAIの大庭先生も火の鳥のイメージの服装にしたそうです。最後に「お人形を持ってきてもらったからイメージができました!」と言ってもらったのがなによりでした(^_^)v


            あと1ヶ月を切りました。実行委員会は、写真や録画が得意な方、ママ友の流れでチケットを買ってくれる友達が多い方、合唱団との繋がりをつけて下さった方、劇団風の子九州の制作の方も実行委員で20人近く。たくさんの方々が動いて下さっているので、当日はたくさんの方々に観て頂きたいなぁ。合唱団の練習では、一ノ瀬が場面の話をすると感情が入り、どんどん歌が変わっていきました。役者が歌うソロの曲を大庭先生に歌ってもらったら、子どもたちが少し遠慮気味に歌っていたのがちょっと可笑しかった(^。^) 当日が楽しみです。

            火の鳥、新潟公演のご報告!

            0
              すっかり遅くなってしまいましたが、先日の日曜、『火の鳥〜黎明編〜』新潟公演が無事に終わりました。

              20150727_115118.jpg
              新潟県民会館の入口には黄金に輝く火の鳥。

              20150730_213158.jpg
              ロビーにはおやこ劇場さん手作りの看板やオブジェ。

              20150727_115136.jpg
              本番前に合唱隊と役者の集合写真。みんな、ちょっとドキドキ。
              合唱隊の子どもたちは、2月の千葉公演を下見に来てくれているので、会えるのは2度目です。

              20150730_213555.jpg
              そして本番。
              子ども達の歌声が約700人のお客様の後ろの席まで響き、役者もそのエネルギーを感じながら、それぞれの役を生ききりました。

              作品に込められた平和への想い、生命の重みを、今のこの時だからこそ、より強く感じます。

              20150727_113315.jpg
              今回、手塚ブロダクションの松谷社長が開演前にご挨拶をしてくださいました。(前にもご観劇くださっているのですが、ご挨拶をしてくださるは初めて)
              緞帳も火の鳥!

              鉄腕アトムのテーマソングを口ずさみながら舞台に登場!手塚治虫さんが『火の鳥』に込めた平和へのメッセージを届けてくださいました。

              20150727_115050.jpg
              この『火の鳥』新潟公演は半年以上かけて準備してきました。
              全国縦断公演をしている火の鳥公演は、それぞれの地域にドラマが生まれています。

              今回も合唱隊の子ども達だけでなく、たくさんの方々に協力していただき、無事に上演できました。
              ありがとうございました!

              さて、次に火の鳥は日本を南下して、海を越え、、鹿児島県・徳之島に飛来します!
              こちらもどんな公演になるか、今から楽しみです。

              制作 松澤

              翔べ、火の鳥!!

              0
                新潟市に来ています。
                総勢25名の火の鳥班です。

                明日の本番に向けて、今日は舞台の仕込み。

                DSC_1560.JPG
                そして別室では、子ども達の合唱隊の最後の練習がありました。

                DSC_1559.JPG
                今回の公演、先月の『11ぴきのねこふくろのなか』低学年例会に引き続いて、新潟中央おやこ劇場・新潟西おやこ劇場・まきおやこ劇場の高学年例会としても取り組んでいただいています。
                それぞれのおやこ劇場から、小学生から大学生まで20人のこども達が「にいがた火の鳥合唱隊」を結成、1月の結団式から計24回の練習を重ねて来られたそうです。
                今日の練習でさらに歌に気持ちがこめられ、心に響く歌声でした。明日の舞台との合わせが楽しみです。合唱隊には花道から舞台を盛り上げてもらいます。

                DSC_1562.JPG
                美味しい小夜食も!
                このお菓子は小学3年生の女の子が作ってくれました(^∇^)ひとつずつに子ども達からメッセージ。

                他にも、新潟の美味しいお米のおにぎりや漬物などなど。
                ごちそうさまでした!

                DSC_1561.JPG
                会場の県民会館は、昭和の新潟地震の復興記念に作られて、不死鳥フェニックスがシンボル。
                そんな場所で、たくさんの方にクラルテの火の鳥を観ていただけるのはとても嬉しいです。

                制作部 松澤

                『火の鳥 - 黎明編 -』千葉公演!

                0

                  ただいま「火の鳥」班19名+制作部2名+照明4名は、千葉県に来ております。
                  そう、明日、いよいよ『火の鳥 - 黎明編 -』が千葉市民会館にて幕を開けます。
                  (時間的にはもう今日ですが…。)



                  下手側に、”ちば火の鳥子ども合唱団”のステージ。
                  今日も仕込みのあと20時まで通し稽古が続きましたが、
                  合唱団メンバーも観てくれていました。

                  いよいよ明日、朝から通しと合唱合わせ。
                  どんなステージになるでしょうか?
                  火の鳥は上演会場となる各地で”火の鳥合唱団”を結成し、
                  それぞれ違うメンバーが歌うことになるので、
                  どこで観ても、合唱団によって作品の雰囲気が大きく左右されます。
                  (わたしはいつもじーんとしています😢)

                  会場ロビーに、合唱団メンバーのメッセージも飾られていますのでぜひご覧ください。
                  ロビー飾りは、火の鳥千葉公演をともに取り組んでいただいた「千葉中央おやこ劇場」さんによるもの。ご来場の際は、ぜひごゆっくりご鑑賞ください。



                  たった一度の本番のために、何ヶ月も前から、並々ならぬ練習を重ねてくれています。
                  その姿勢から、わたしたちも学ばされることもたくさん。

                  当日券もご用意しておりますので、ぜひ、生でご覧ください🎵✨



                  貴重な複製原画もロビーに飾っています。
                  2月9日が命日だった手塚治虫先生。
                  『火の鳥』を描かれた当時から、今も、世界から争いの火種はなくなりません。
                  傷つき、傷つけ、報復の連鎖は長くなるばかり。
                  『火の鳥 - 黎明編 - 』主人公のナギも、故郷の村を焼き滅ぼされ、
                  子どもながらに復讐心にかられ、武器を手にとります。

                  ”人の欲望が生み出した争いは、誰にも止めることができないのか”
                  ”この世界はどうして生まれたの 人間は何のために生まれたの”

                  簡単に答えが出る問いではありませんが、だからこそ、クラルテは皆さんと一緒に
                  『火の鳥 - 黎明編 - 』を通して考えたいと思っています。

                  それでは。明日、会場でお待ちしております。

                  ++++++++++++++++++++++++++++++

                  『火の鳥 - 黎明編 - 』原作=手塚治虫
                  ▽2月11日(水・祝)14時開演(30分前開場)
                   ※当日券販売は開演1時間前より開始。
                  ▽千葉市民会館大ホール
                   (総武本線「東千葉」駅より徒歩3分、総武線「千葉」駅より徒歩7分)
                  ▽入場料:当日/一般3,500円、4歳〜高校生3,000円
                   ※4歳未満のご入場はご遠慮ください。

                  ★上演時間=約2時間15分(途中休憩15分あり)

                  ++++++++++++++++++++++++++++++

                  制作部 佐藤結

                  にいがた火の鳥合唱隊結成!

                  0
                    先日、雪舞う新潟市に行ってきました。
                    目的は、今年7月26日の『火の鳥〜黎明編〜』新潟公演で一緒のステージに立ち劇中歌を歌ってもらう、子どもコーラス隊「にいがた火の鳥合唱隊」の立ち上げ式でした。

                    公演は、新潟市内のおやこ劇場40年周年記念高学年例会として共催していただきます。



                    DSC_0740.JPG
                    参加する子ども達に楽譜と、火の鳥のCDと、原作の漫画が一冊ずつ渡されました。

                    DSC_0728.JPG

                    DSC_0734.JPG
                    合唱隊は、小学校3年〜大学生までの18人。
                    半年で15回のレッスンです。
                    立ち上げ式に引き続き、歌の練習に入りました。
                    一曲ずつ、歌のイメージを伝える一ノ瀬。

                    「にいがた火の鳥合唱隊」が本番でどんなコーラスをしてくれるか、とっても楽しみです!

                    DSC_0739.JPG
                    夜はまきおやこ劇場の事務所で、おいしい手作り夕食をいただきました。
                    ごちそうさまでした!

                    新潟公演は、7月26日(日)1時30分開演、新潟県民会館大ホールです。

                    全国で上演してきましたが、今回、初の日本海側での公演です。
                    お近くの方、ぜひ、観に来てください!

                    制作部 松澤

                    札幌火の鳥

                    0


                      白石、厚別子ども劇場少年少女火の鳥合唱団の事務所での稽古風景。

                      札幌火の鳥

                      0
                        1400164742390.jpg
                        札幌教育文化会館正面玄関、やまびこ座、矢吹さんが作成してくれました。


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << December 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM