『あぶないふたり』京都公演

0

    JUGEMテーマ:エンターテイメント

     

    『あぶないふたり』今回のツアーで関西公演は京都だけだったためか

    ご予約だけでなく、当日もたくさんお越しくださいました。

    会場での様子を少しご紹介します。

     

    『あぶないふたり』京都公演。 たくさんのご来場ありがとうございました。

    地元関西の公演は久しぶり。 関西弁の公演もより身近にご覧いただけたと思います。

    アフタートークも笑いに包まれ。

     クラルテアトリエ30周年記念・実験劇場で生まれて早6年。

    全国で愛される作品になりました。

     

    公演前には、京都へ向かう電車の遅延等があったために

    会場まで数時間かけてたどり着いたお客様も。

    何事も無く上演を終えることは、何と幸運なことなのか!

    と、改めて感じました。

    本当に、ありがとうございました。

     

    さあ、ツアー後半は今月下旬から。

    九州のみなさま、どうぞお楽しみに。

     

     


    『あぶないふたり』ツアー1終了しました!

    0

      JUGEMテーマ:エンターテイメント

       

      9月27日相模原からスタートした『あぶないふたり』ツアー1が10月4日千葉で無事終了しました。

      11月からツアー2へと続きますが、5会場での様子などまとめてみました。

      9/27(木)相模原:おださがプラザ公演は爆笑の内に無事終演!

      大垣演鑑例会以来、半年振りの公演。

      客席には、2回目3回目観劇のお顔も多く見受けられ嬉しい限り!!

      カーテンコールで写真OKですと言い終わるや否や、一斉にスマホが飛び出しました!

      明日は、岩手へ移動。 何十年振りかの 宮澤賢治記念館と巡って来ます。

       

      9/29(土)盛岡:いわてアートサポートセンター風のスタジオ公演 間も無く開演です!

      風のスタジオ 素敵な大人な空間! 今日はどんなお客様と出会えるか楽しみ楽しみ!!

      盛岡こども劇場の皆さんが搬入から美味しいお昼ご飯まで、お世話頂いています。 有難い公演です。

       

      /30()花巻:宮澤賢治イーハトーブ館公演


      緩やかなスロープ 人形劇にぴったりなサイズ感 何より素敵なロケーション

       昨日の盛岡公演も皆様とても良いお顔で、会場を後にされました。

      【追記】花巻での公演は台風の影響もあり、当日は雨天でしたが

      多くの方に足を運んでいただきました。

       

      10/2(火)群馬県:高崎シティギャラリー公演

      高崎子ども劇場の会員さんによる美味しい小夜食を頂き

      目標の150人に迫るお客様を前に あぶない!?2人は絶好調!!

      後の操作盤から観ていても客席の大きな笑い声が聞こえています。

       

      10/4(木)千葉:生涯学習センター公演

      10日間45st 無事終了!!千葉の会場にも 老貴婦人がいっぱい!?

      敵な115人が集いました!終了後は、千葉中央おやこ劇場事務所で

      一品持寄り交流会 初ツアー最終日に相応しい1日となりました!!

      各地の実行委員の皆さん 会場スタッフの皆さん ありがとうございました!!

       

      本当に、どの会場でも皆さまからの温かいおもてなしをいただき感謝いたします。

      次は関西、11/2(金)18:30開演の京都公演

      そしてツアーは11/24(土)福岡へと続きます。

      また、こちらのブログでもお知らせします。どうぞ、お楽しみに!!


      『あぶないふたり』公演のご案内

      0

        JUGEMテーマ:エンターテイメント

         

        くわえ・ぱぺっとステージの つげくわえ 

        人形劇団クラルテの西村和子

        ベテラン人形劇役者二人がお贈りする

        『あぶないふたり』公演がスタートしました。

         

        宮沢賢治原作「猫の事務所」は、猫のための歴史と地理の案内所でのお話。

        そこで起こる差別やいじめの空しさを描いた作品を、木彫りの人形で演じます。

         

        工藤直子原作「のはらのうた」は、工藤直子さんの自然を題材にした詩集から。

        ピアノの演奏に合わせて、手袋や靴下で表現します。

         

        つげくわえ原作「あぶないふたり」は、穴に落ちちゃたバアさん二人。

        助けを呼んで叫んでも、そこは立ち入り禁止の場所。誰も来ない。

        あきらめ気味の二人は、昔ばなしに花が咲き…。出演者原作のオリジナル作品です。

         

        以上の三本立てでお贈りします。

        また、三人目の出演者、一ノ瀬季生による演奏もお楽しみください。

        (京都公演のみ、茨木新平が演奏します。)

        9/29(土)いわてアートサポートセンター風のスタジオ 14時開演

        9/30(日)宮沢賢治イーハトーブ館ホール 14時開演

        10/2(火)高崎シティギャラリー(コアホール) 19時開演

        10/4(木)千葉市生涯学習センターホール 14時開演

        11/2(金)京都府立総合社会福祉会館ハートピア京都 18時30分開演

        ※京都公演では終演後アフタートークあり

        ※各会場、当日券もございます。(公演当日、会場受付で販売します。)

         

        詳細はHPでご案内しています。http://www.clarte-net.co.jp/information/631/

        みなさまのお越しを、お待ちしております。

        (写真:9/27おださがプラザ公演より)

         

         

         

         

         


        福山おやこ劇場

        0


          専門部キャッツ(人形劇団)主催「あぶないふたり」大盛況!大人の笑いの渦の中に小学生らしき男の子の笑いが可笑しな会場でした。キャッツの方には夏のアトリエフェスに出演されるよう話してきました。遠慮される上田さんにつげさんの一言「目標があって稽古するものよ」と。そう、私達劇団はいつも公演日が決まってて、そこに向かって生みの苦しみで作品が生まれているのですぅ(^^)


          スタッフの方々が付けてたワッペン。
          仕込み後気になる非常口に養生テープで黒幕を貼るおかしなふたり。始まる前に落ちてました^^;

          (制作 中山)

          あぶないふたり 宇部へ2

          0
            ドリームシアター・うべ主催の「あぶないふたり」打合せでは165…70いくかなぁ、スタッフが10人くらいだから…いう事で最後尾一列出して160席作り開場したら次々と待ちかねたようにご入場され15分位で8割埋まりポツポツの空席にはお詰め頂き開演5分前には満席。それでも次々と…でもう一列、もう一列と出して最終190を少し超えたそうだ。観客席と舞台があんなに一体感のあるステージは久々でした。私も見入って声を出して笑ってしまいました(*?-?*)


            今回は下に座るのは膝が痛いと舞台を高めに作りました。


            温かく共感するような笑いや、くすくす笑い、時にはシーンと集中して観ていただき心地いい空間でした。お帰りのさいは「優しい時間をありがとう」と声をかけて頂きました。カーテンを開けると湖水ホールというだけあって春がそこまで来ているような穏やかな湖水が見えました。


            制作 中山

            あぶないふたり 宇部へ

            0


              湖水ホールのお手洗いでは…

              昨夜の夕食交流でどなたも観たことがない事が分かり、どうやってお誘いしたかをとても面白くお聞きしました。公表できないのが残念 ^^; どんな会になるかなぁ。2時開演です。

              新潟であぶないふたり

              0
                昨日と今日は新潟県三条市で『あぶないふたり』の公演でした。
                クラルテの西村和子と、くえぱぺっとステージのつげくわえさんが組んだ人形劇ユニットあぶない2人の痛快人形劇はクチコミで全国にじわじわ広まっています。

                DSC_1955.JPG
                新潟初公演の今回は、三条おやこ劇場30周年記念で、会場は同窓会のような雰囲気。

                DSC_1961.JPG
                終演後には記念パーティーもありました。

                DSC_1972.JPG
                三条おやこ劇場さんは去年は『11ぴきのねこふくろのなか』を三条市の子ども達のために呼んでくださいました。広く市民のために生の舞台を届ける活動されています。

                お土産は、会員さんの畑でとれたサツマイモ紅東を4箱もいただきました(*^^*)
                ありがとうございました!!

                新潟はお魚と野菜と日本酒が美味しく、広大な田んぼと海の風景が美しく、明るく素敵な人たちばかりで、良いところでした。

                DSC_1975.JPG
                最後に記念写真!

                ありがとうございました。

                制作部 松澤

                あぶないふたり 松本に。

                0
                  4月になりましたね!
                  桜が咲き誇り、新しい年度の始まりに嬉しい気持ちにしてくれます(^-^)♪

                  おととい3月30日、長野県松本市の松本子ども劇場さんの高学年例会で、『あぶないふたり』を公演させていただきました。

                  DSC_1017.JPG
                  公演は小学1年生から大人まで観ていただき、特に低学年の男の子と、お母さん達の楽しい笑い声が響いてました(*^▽^*)
                  安曇野に住む、劇団創立メンバーの吉田清治の息子さんも観に来てくださりました。

                  DSC_1016.JPG
                  楽屋には、あぶないふたりのために、あぶなくない「 おにぎらず弁当」。
                  とても美味しかったです!

                  DSC_1014.JPG
                  わさびの花も飾られていて、信州ならではの嬉しいおもてなし。ありがとうございました。

                  DSC_1021.JPG
                  次の日は快晴!
                  遠く山々の頂きには雪が残り、近くには黒い松本城の天守閣がそびえ、素晴らしい景色を眺めながら、大阪に帰ってきました。

                  「あぶないふたり」は、くわえパペットステージのつげくわえさんと、人形劇団クラルテの西村和子、ベテラン人形劇役者二人が、クラルテ・アトリエ30周年記念実験劇場で組んで作った作品。クチコミで全国に広がっています。
                  ピアノの生演奏でクラルテの音楽家・茨木も音響・照明操作&荷物の運搬もしています。

                  次は7月28・29日、新宿の人形劇団プークのプーク劇場で公演します。
                  まだご覧になってない方、是非お越しください!

                  制作 松澤

                  みやぎ県子ども・おやこ劇場

                  0
                    子どものための舞台フェスティバルVol.9
                    「文化の種まき人事業」

                    2週間に及ぶ、あかちゃんから大人までの人形劇を取組んで頂きました。
                    「あぶないふたり」「あかちゃん劇場」「おひさま劇場」「ビーンズ・ドリーム」「ふくろうぼうや月夜のぼうけん」と、とても贅沢な2週間でした。滞在の西村、茨木も仙台を満喫の2週間。つげさんは、北海道を行ったり来たりでした。ラストステージは、つげくわえさんの「ふくろうぼうや月夜のぼうけん」でした。中移動2ステージ目の角田市は、核になってくれる人がいない地域で2500枚のチラシ配布しているとの事。何人で観てもらえるか皆目予想がつかないとの事で、つげくわえさんは不安感いっぱいでした。ちょうどいい人数だったらしくいい雰囲気で終演し帰京されたようです。私達は一足早く20日に仙台を跡にしました。

                    "人形劇ユニットあぶない2人"による「あぶないふたり」は、利府町の生涯学習センターから始まりました。利府(りふ)町は元々、十府(とふ)町でしたが、利府(とふ)となり、文字はそのままで、今の「りふちょう」と呼ばれるようになったのだそう。近世藩政時代に一大城下町となり、藩直轄地に編入され、宿場町として発展したんだと、生涯学習センターと同じ建物内の歴史資料館に展示と説明がありました。とても誇らしげな資料館だと感じました。


                    「あぶないふたり」最後のステージは、エルパーク仙台。三越のある繁華街。ここの担当の方はご本人がお芝居をされている方で痒いところに手が届く的確さで、気持ち良く仕込みが続きました。最後につげさんが照明が倒れないようにガムテを貼っていたら、「転倒防止ですよね」と言ったかと思うとこんなスグレモノを置いていかれました。見にくいですが、白いのは持ちてで、底の凹の所を照明の足にかまして立っています。このステージには、あまり飲めない茨木がひょっこり入ったBARで出会って知り合った爽やかな若い男性ふたりも観に来て下さいました??


                    1

                    PR

                    calendar

                    S M T W T F S
                      12345
                    6789101112
                    13141516171819
                    20212223242526
                    2728293031  
                    << October 2019 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM