ちくしの子ども劇場/甘木朝倉 子ども劇場 合同例会会

0
    2月25日
    福岡に入って二日目はちくしの子ども劇場/甘木朝倉 子ども劇場さんでの合同例会です!
    このステージもはじまりの時から子どもたちの反応が凄く面白くて、博多っ子パワーが溢れる公演となりました!日々の公演で感じる事も多くお芝居も微妙にどんどん変わっていきます!
    公演中に博多っ子から関西弁でのツッコミが入ったり(笑)公演後も大人の方たちがエセ関西弁といいながら関西弁で話してはるのがむっちゃ面白ろかったです!公演後の交流会ではクラルテとの繋がりや、劇場で育ってきたからこその人との繋がりの大切さやお芝居の観方、劇団との関係など、とても深い大切なお話が沢山出来て本当に嬉しく楽しい時間でした!
    劇場の方々の熱く、愛情いっぱいの想いを感じ、更に頑張ってこの想いに応えたい!と心底思いました。素晴らしい方々に出会う事が出来て、本当に幸せです。皆さん、本当にありがとうございました*\(^o^)/*



    春日・大野城子ども劇場/那珂川子ども劇場合同例会

    0

      福岡での乳幼児低学年例会がスタートしました!24日のスタートは春日・大野城子ども劇場/那珂川子ども劇場さんでの合同例会でした!

      久々の劇場例会に私たちも若干の緊張と、どんなお客様との出会いが待っているかとワクワクドキドキが混じる中、公演がスタートしました!さすが例会!もの凄いエネルギー量の集中と解放で観客のエネルギーでお芝居がどんどん進んでいきました!やはり劇場の力は凄い!と感じながらのあっという間の50分!
      くじらさんに乗って、太郎とワニさんの帰りの道中で、太郎の靴が脱げると、子どもたちが『靴が脱げた!』と教えてくれ、みんで靴を探して、くじらさんへパス!笑!みんなの力で無事に帰ってくる事ができました!ありがとうございました!
      感想文も豊かな広がりを見せるものばかりで、可愛い絵もいっぱい!素晴らしいスタートを切らせて頂きました!ありがとうございました*\(^o^)/*



      福岡火の鳥合唱団の練習

      0
        『NHK福岡児童合唱団MIRAIの子どもたちに、人形劇「火の鳥 黎明編」の合唱パートを指導する、人形劇団クラルテの一ノ瀬さん。
        子どもたちのコーラスが、舞台の重要な要素になります。』

        と、福岡での火の鳥の実行委員の水上さんのFBにアップされてました。



        猿田彦とナギも大阪から

        に入れて連れていきました。NHKの児童合唱団MIRAIの大庭先生も火の鳥のイメージの服装にしたそうです。最後に「お人形を持ってきてもらったからイメージができました!」と言ってもらったのがなによりでした(^_^)v


        あと1ヶ月を切りました。実行委員会は、写真や録画が得意な方、ママ友の流れでチケットを買ってくれる友達が多い方、合唱団との繋がりをつけて下さった方、劇団風の子九州の制作の方も実行委員で20人近く。たくさんの方々が動いて下さっているので、当日はたくさんの方々に観て頂きたいなぁ。合唱団の練習では、一ノ瀬が場面の話をすると感情が入り、どんどん歌が変わっていきました。役者が歌うソロの曲を大庭先生に歌ってもらったら、子どもたちが少し遠慮気味に歌っていたのがちょっと可笑しかった(^。^) 当日が楽しみです。

        早町ステージ/休養村ステージ

        0
          いよいよ今回の(第28回鹿児島子ども芸術祭典)島コースの最後、喜界島となりました。
          ひとつ目のステージは早町小学校でのステージでした。お客様が約100人くらい集まって下さり、小さな子もいっぱいいて、お父さんも多い!元気いっぱいのステージでした!
          太郎が海に漕ぎ出すシーンの歌で子どもたちの『エンヤコラドッコイ!』のかけ声が入ったり、とても可愛いかったです!


          ふたつ目にして、締めくくりのステージは休養村ステージお客様は160人くらい、小学生が多く、小さな子たちもいましたが、ぐっと集中して見てくれました!千秋楽らしく、くじらさんのしっぽが取れてしまうハプニングがありましたが(笑)竹ちゃん看護士が緊急出動して、再びくじらが復活登場すると会場は笑い声に包まれて、最後まで楽しい公演となりました(*^^*)


          今回の『おーいペンギンさーん』のお話は様々な島を回っていろんな動物さんたちと出会うのですが、お話と同じように島を回りながら、いろんな素敵な方々との出会いに溢れる島めぐりでした!
          ひとつ、ひとつのステージが印象深く、本当に楽しくて毎日が幸せな三週間でした!

          沢山の方々にお世話になりました!
          本当にありがとうございました*\(^o^)/*


          名瀬小ステージ/住用ステージ

          0
            2月16日は名瀬小学校でのステージでした。
            100人を超えるお客様がお越し下さり、こちらもみんなが応援してくれる中、楽しい公演となりました!この日の印象に残った事は大人の方たちの笑い声もよく聞こえた事、また実行委員長のときさんご家族は、奄美に入ってから何度も公演を見に来て下さっていましたが、『自分たちの取り組んだステージが一番良かった!』と笑顔でおっしゃって下さった事でした。本当に良かったです!みなさん、ありがとうございました*\(^o^)/*


            2月17日奄美の最終ステージは住用ステージでした。お客様は50人くらいで、アットホームな公演となりました(*^^*)これまで回ったステージの方々が準備の段階から入れ替わり立ち代り(?)来て下さり、凄く嬉しかったです!太郎とワニさんの別れのシーンで涙が出た女の子がお母さんには『あくびが出た』と言って涙を拭いていたそうです(*^^*)可愛い!その女の子が帰りにメンバーにのど飴やお菓子を配って、労ってくれました!本当に素敵です!
            そして奄美にいる間、ずっと私たちを優しく楽しく見守って下さった福田さんにも感謝の気持ちでいっぱいです…>_<…最期のステージで嬉しそうにくじらさんになって泳いでいる姿がむっちゃ可愛いくて素敵でした(*^^*)


            奄美は全9ステージでした。竹ちゃんも言っていましたが、どの公演にも毎回変化があって、始まるまではいつもドキドキするけど演じていて凄く楽しくて、幸せな毎日でした!
            奄美には本当に素敵で魅力的な大人の方たちが沢山いらっしゃいました。肩の力が抜けてるというか、朗らかで愛情いっぱい!そうした中で育つ事が子どもたちには何よりも大切な事なんだと改めて思います。素敵なこどもたちもいっぱいいました!公演を通して、沢山の素晴らしい出会いをさせて頂きました。
            本当にありがとうございました*\(^o^)/*
            みなさん、どうかお元気で!
            いざ!喜界島へ!



            笠利ステージ/朝日ステージ

            0
              2月14日午前の部は笠利ステージでした。
              この日は一日雨予報のはずが始まる頃にはお天気も回復し、170人くらいのお客様が来て下さいました!
              このステージの印象的なシーンはくじらさんに南極まで連れて行ってもらうシーンでした。
              太郎とワニさんがくじらさんに乗って客席に行くと子どもたちが『頑張れ〜〜!』『頑張ってー!』と南極に行く事を凄く応援してくれました(>_<)舞台の中で転換をしながら、凄く凄く嬉しかったです!子どもたちのたくさんのエネルギーをもらって太郎とワニさんは無事に帰ってこれました!
              実行委員の方々も本当に素晴らしい思いを持って取り組まれていたので、胸がいっぱいになりました。
              みなさん、ありがとうございました*\(^o^)/*



              午後のステージは朝日小学校体育館でした!
              更にお客様は増え、200人位いらしたと思います。こちらも元気いっぱい、応援満載!の楽しい楽しいステージでした!幼児から小学生がいっぱい??若いお父さん、お母さんと赤ちゃんもいっぱい!みんなが本当にニコニコして見てくれていました。演者として凄く幸せな時間でした。劇場の方が、『今日来てくれたみなさんが劇場の会員さんならよいのに!』とおっしゃっていました。みなさんが是非、会員になって一緒に楽しい時間をたくさん過ごして欲しいと凄く思いました。
              みなさん、ありがとうございました!



              この日は奄美子ども劇場のみなさんと交流会もしました!みんなで楽しいひと時を過ごすことができました(*^^*)
              15日にはラジオにゲスト出演?して祭典のアピールをさせて頂きました。
              3人ともドキドキしっぱなしでしたが、ボラっちがバッチリ!決めてくれました??良かった!みんな来てくれるかな〜?

              奄美はあと2ステージです!
              残りステージも頑張るぞ〜〜??



              大棚ステージ、瀬戸内ステージ

              0

                12日は大棚ステージ!
                久々の和室が会場で胸が高まります!青年団の方々のお手伝いのもと、雨の中あっとい間に搬入が終わり、舞台とお客様が入るとぴったり収まるような会場での公演となりました。
                ステージ責任者の方と打ち合わせでいろんなお話をして、高校生の娘さんにも是非来て欲しい!と言ったら、妹さんも一緒に来て下さって凄く嬉しかったです(*^^*)
                小さな子どもたちが元気いっぱいのステージでした!
                大棚のみなさん、ありがとうございました!



                13日は 古仁屋ステージ

                小学校が会場で、最初はいくつかの行事と公演が重なっているから100人くらい…と言っていましたが、140人は超えるステージとなりました。また古仁屋の子どもたちも元気でした!
                一番印象に残っているのは、ラストの太郎とワニさんの別れのシーンで太郎がワニさんに腹巻を貸したままであることを一緒懸命教えてくれる所でした。『はらまき!』『腹巻!』と子どもたちはそれは必死に教えてくれて、とても嬉しかったです。公演後には園長先生のご自宅でとても美味しい手作りの夕食をご馳走になり、みなさんの爆烈トークに爆笑し、心も身体もポカポカになって後ろ髪を引かれる思いでホテルへと帰りました。
                毎日ほんとうに素敵な方々と出会います。
                ほんまに凄いなぁ〜〜??
                次はどんな出会いが待ってるのかな〜?
                これからのステージも頑張りますp(^_^)q




                小宿ステージ、宇検村ステージ

                0

                  昨日2月11日の
                  朝の公演は小宿小学校にて!
                  最初は140人くらい?といっていましたが、蓋を開けたら200人!を超えるお客様が来て下さいました。200人いても、集中するシーンはシーンとなり、楽しい所はワイワイ!幅広い年齢層の方々がぎゅうぎゅうになって(笑)観て下さいました!
                  終わってから、感想を聞いていると、昨日のステージを観に来てくれていたお兄ちゃんが、
                  『昨日のステージと今日では子どもたちの反応がちがった!』と言ってくれました。お客さんの反応の違いも楽しんで見てくれてたんやな〜と実行委員に入っているとそうした見方も出来るようになるんやなと思いました。
                  小宿のみなさんありがとうございました!



                  昼からの公演は宇検村にて。
                  こちらは青年団の方々が中心に取り組んで下さっていました。青年団の方々がズラっと並んで、普段子どもたちがする『お芝居を見る前のお約束』をして下さいました(笑)青年団の方が舞台前に出ると、『○○にいちゃん!』って声が飛ぶんですね〜!とても良い感じでした!
                  こちらのステージは6歳以上が中心で、幼児が少なく、物凄い集中力でみて下さいました。
                  ボラっちが交流会で言っていましたが、『演じていて視線を痛いくらいに感じた』まさにそんな感じでした!そんな中私はドキドキしてやっていたので、終演の拍手が鳴りやまなかった時にホッとしました。『あんな拍手に出会えて(が貰えて)幸せです』とボラっちが交流会で言っていました。本当にそう思います!
                  写真を撮った後に青年団の方たちが嬉しそうに人形劇を始めたのも印象的でした!
                  宇検村のみなさん、ありがとうございました!

                  龍郷のみなさんと!

                  0
                    10日は奄美に入って最初のステージで龍郷の保育士さんたちが中心となって取り組まれたステージでした。ここの子どもたちも凄かった!太郎がペン太郎を追いかけていると、ずっと一緒に探してくれて、ワニさんが動かなくなった時も、歌ってる場合ではない!と教えてくれてるし(笑)海の中にいる!もっと向こうにいる!ここにはいない!と、本当に劇中ずっと太郎に叱咤激励!してくれました。嬉しかったな〜!ペン太郎と再会した時の『あそこにいるよー!』ってみんなの声が今でも心に残っています。

                    終わってから実行委員の方々の感想をきいていると、大人の方たちの感性がとても素敵だったので、やっぱり素敵な大人に囲まれていると子どもたちも素敵なんだなぁ〜!と思いました。

                    みなさんどうもありがとうございました*(^o^)/*


                    徳之島から奄美へ

                    0
                      あっという間に徳之島での4stが終わり、奄美に入りました!
                      徳之島では、来月『火の鳥』の公演もあるので、空き日にアピールに行かせてもらったあと、ご自宅にご招待頂き、鳥の丸焼き!をご馳走になりました。本格的なローストチキン?で一生に一度の体験だと思います!めっちゃ大きくて美味しくて本当に凄かったです(>_<)

                      そして、公演で出会ったスコットランドから来ている外国人の親子さんと偶然再会!島から北海道までを半年かけて自転車で横断しているそうで、片言の英語で会話し(笑)、人形劇の事も言葉はわからなくても、動きでわかったそうです!人形の動きがベリーラブリー!といってました。連続先まで交換し、異文化コミュニケーションも楽しめました!そしてべっぴんなスコットランド人のママが撮影してくれた写真。手には、ママからもらったタンカン。


                      行く先々で、おいぺんを観た方に声をかけて頂けて、とても嬉しかったです。

                      そしていよいよ、奄美へ出発!
                      みなさんがお見送りに来て下さり、徳之島子ども劇場の歌を大きな笑顔と声で歌って、送り出して下さいました!(おぼらだれん→ありがとう)
                      みなさんに本当によくして頂き、感謝でいっぱいです!(ほんまにおおきに!!→ありがとうございました)
                      また来月!『火の鳥』でお会いましょう!
                      奄美公演も頑張るぞー??












                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM